Report/西崎 博之 Photo/尾形 和美 Illustration/伊東 宣哉
取材協力/株式会社 啓愛社 金沢リサイクル工場

車が到着したら、まず作業内容をチェック

廃車工場に車が到着|大人の社会科見学に出かけよう

ちょうどいま、車が入庫してきましたね。

作業指示書|大人の社会科見学に出かけよう

うむ。工場に廃車が到着すると、まずは車をチェックして“作業指示書”というものが作られる。一台一台を管理するための、いわゆる入庫台帳じゃな。車名やエンジン形式、エアバッグの数などがひと目でわかるように記載するんじゃ。

病院のカルテみたい。えーと、エンジンASSY?オルタネーター?FrドライビングシャフトR/H? むずかしい用語がいっぱい書いてありますね…。

車の各部の名称じゃな。このとき、中古部品やリビルド部品としてリサイクル可能なパーツもチェックするのじゃよ。

博士、リビルド部品って何ですか?

知らんのか。中古部品をオーバーホールしたのがリビルド部品じゃ。きちんと分解整備してあるので再利用に支障がなく、新品よりも安価。これらは後ほどの工程でも触れることにしようぞ。

タイヤやバッテリーの取り外し作業

タイヤとバッテリーの取り外し作業|大人の社会科見学に出かけよう

ここではタイヤとホイール、バッテリーを取り外しておる。

タイヤもリサイクルできるんですか? だいぶ使い古したものが多いみたいですが。

そうじゃ、廃タイヤも有効に再利用できるぞよ。サーマル・リサイクルという言葉を聞いたことがあるかな? つまり“熱回収”といってな、廃棄物を焼却したときに発生するエネルギーを回収・利用することで、化石燃料の代替とするんじゃ。タイヤの場合、セメントの焼成などに使われることが多いとされておるな。

なるほど、使い終わったタイヤは燃料にするんですか。

無論それだけではないぞ。マテリアル・リサイクルとして再生ゴムにしたり、トレッドを張り替えて再生タイヤを作ったりもするんじゃ。

では、ホイールとバッテリーはどうなるんでしょうか?

ホイールはアルミや鉄、バッテリーは鉛資源として、それぞれリサイクルされる。どうじゃ、こうしてみると車が資源の山に見えてくるじゃろ。

カッターによるガソリンの抜き出し作業

カッターによるガソリンの抜き出し作業|大人の社会科見学に出かけよう

うわ、車になにか槍みたいなものを刺してますよ!

スラストカッターというそうじゃ。あれでタンクに直接穴を開けて、ガソリンを抜いておるのじゃな。

あんな大胆なことをして、ガソリンに引火したりしないんですかね。

そう思うじゃろ。じつは難燃性の窒素ガスを出しながら作業をしておる。心配は無用じゃ。

そこまで考えられているんですね。あ、あっちの傾いた車体はなんですか?

ガソリンタンクは、車種によっては複雑な形状をしとるんじゃよ。そのため残留ガソリンを残さず抜き取るためには、車を傾けたほうが効率のいい場合もあるんじゃ。

博士、素朴な疑問なんですが、抜き取ったガソリンはどうするんですか? もしもまだ使えるのなら、貰って帰りたいな…なんて。だって、ガソリン高いですし。

なんじゃ、そんな目で見ておったのか。あきれるわい…。

なにかおっしゃいましたか?

いや、なんにも。